トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

コメント募集2

あしたの釣行とタイトルをつけた途端に、釣行しない今日がある。(爆)

まったくおかしなブログである。

もともと、ホームページよりブログの方が簡単そう・・釣行時の記録の為に・・とかなりお気楽なイメージで立ち上げたつもりだったが、ブログとは日記の事と知らされて(笑)今月いっぱいは続けてきた・・・しかし、改めて読み返しても何の脈絡もないブログである。

例えば、jackyさんのHPは釣りの話題に溢れているし、smileさんのHPは奥行きがあって、芯がある。イケチャンのHPはユーモアのセンスが冴え渡り、カーク船長のHPは学識が高くハイレベルである。sasapuuさんのHPはのほほん・ほのぼのと人柄が出て、160さんはマイペースで変に主張がない所がいい。

とにかく、筋が通っている。

いきなり有名HPに相互リンクをお願いしたお陰でカウンターは伸びてはいるが、来月からは気が向いた時に書き込むブログ?に変更しようと思っている。

自分を客観的に見ることが苦手な私はコメントを頂き今後の方向性を考えたいのです。

このブログってどーなの?(笑)

我が侭なお願いですが、コメント募集パート2!宜しくお願い致します。m(_ _)m

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

暑かった夏

朝夕涼しく半袖では肌寒さをも感じる今日この頃。

この時期になると、今年の夏の異常な暑さをつい忘れてしまいそうだ・・・

今年だけでなく、ここ何年も猛暑の夏が続いている。

大きく口の開いたビーカーに水を入れ、そこに蛙を入れる。

これを下からアルコールランプで熱すると、変温動物である蛙は徐々に温まる水の温度変化に伴い、自らの体温を変動させる事で耐え忍ぶ。

途中で飛び出せた筈のビーカーから、耐える事を選んだ蛙はやがて逃げ出す体力も尽き果て、ついには茹で蛙に・・・

そんな話を環境問題を取り扱ったテレビかラジオで聞いた事がある。

最後に、ビーカーは地球で蛙が人間とオチがつく。

何十年、何百年後、人間は地球を飛び出し新たな星に移り住むのか?それとも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

ジェッターシャツ

今年の父の日のプレゼントに娘から貰ったシャツ。

もちろん嬉しかったが、ちょっと着るのに勇気がいる。

080926_222201 でも、着なければ申し訳ない。

胸のロゴまでは許容範囲なのだが・・・

ん~やはり勇気がいる!

「そうです、わたしがジェッターです」・・・てかっ。へんなおじさんと言われないだろうか?

とりあえず、次の釣行日が雨だったら着て行こう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

昨日の晩餐

080925_180401 主役のお刺身

厨房長官は妻である。

釣行日に魚は捌かれ、昨日の昼食には鯛の煮付け。晩餐にはお刺身が出た。私はただ釣ってきただけ・・・delicious

080925_185601_2 脇役は鯛の昆布締めに茶碗蒸し

ありがたく いただきます。restaurant

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

尾鷲紀行

長い八鬼山トンネルを抜けると、そこは九鬼だった。(笑)

平成19年1月2日の初釣行以後、尾鷲の海上釣堀天海へは月一ペースで通い続けている。

初日に爆釣した訳でもなく、釣果は3匹。されど3匹は天然ブリが1本に特大ヒラメに真鯛が1枚。内容の分、満足できた釣行ではあったが、通い始めた理由は他にある。

それまでに名の売れた釣堀には幾度か足を運び、当然のように釣果=満足度であった。同じく当然のことで、筏で乗り合った人により、楽しめる筈の釣行が一転することもしばしば・・・

満足できる釣果を得る為に人が集まる釣堀に通い、集う人によっては窮屈な思いをすることもある。

この当然の思い込みを覆したのが天海だった。

ここは不思議な釣堀である。釣果を求める程にそっぽを向かれ、開き直ると釣れだしたりする。必然、釣れなかった多くのお客にそっぽを向かれ、釣果写真の面々は常連客が多い。今では顔を見合わせただけで、お互いに笑顔になれる人も数名いたりする。

「空いている」とは別の意味で、ここで窮屈な思いをしたことは未だない。

もちろん、温和な大将に気さくな奥様も大のお気に入りである。

私にとって天海はまさに天界(別世界)であり、釣果より癒しを求めて遠征できる唯一の釣堀である。

願わくば、そこそこ繁盛して、けっして淘汰されませぬ様に!

(-m-)” パンパン

080924_131801 天海さんの桟橋近くの海!

アオリイカの赤ちゃんがたくさん泳いでいた。

写真では判らない。(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

天海釣行記

 タイマーセット完了!

thunder流星号発進thunder

この記事が公開される頃、私はアソコであんな事やこんな事をやっている・・・筈である。sun

写真に登場しなければ、すなわち撃沈であるsign02 (24日早朝の記事)

                                                               downwardleft

何とか登場できたsign01アソコとは、天海さん http://www.zb.ztv.ne.jp/tenkai/

釣果カレンダー9月24日をクリック。

(尚、この釣果写真は11月1日に自動的に消滅する。)

釣果、シマアジ1、鯛8

 アタリエサ、ダンゴ3兄弟。 棚、7~8㍍ 網底9㍍

 天海大筏にて

これをもって、釣行記とする。(爆)   

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ブリスペシャル

前々回の釣行でGブリスペシャル4.0の♯1と穂先を同時に破損した。

青物がかかり、手を滑らせて筏にたたきつけ、あわてて何時もより強引に合わせをいれたら、日除けの鉄柱に穂先が接触。(ρ_;)

修理費はなんと2万円也。

とはいえ、入ってて良かった釣り保険!既に1万7千円が振り込まれた。(´c_` )ホッ

釣具屋さんで見積もりだけを貰って請求したので、未だに竿はそのままの状態である。

さあ、どうしよう。考えている選択肢は3つある。

3千円出して修理をするのか?1万7千円で買える青物竿にするのか?それとも1万円を足して、新型のリアルスペックHにするのか?

今、これぞ青物竿と呼べる竿は持っていない。

ふと、グランドスペックも頭をよぎったが、さすがに高価で手が出ない。

♪あなたな~らどうする~ (・・?)..ヘ(~・・)ゝ?って誰の歌だっけ?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

WANパクリ日記

WANパク日記に登場する愛されるワンコたちと違い、ジェッター家の躾は厳しい。

Jump ジャンプ 「お、お父さん、そのお仕置きだけはヤメテェー」

 私   「又、お父さんのふとんに粗相したな!許さん!」

 ジャンプ 「もう二度と致しません。お見逃し下さい。」

 私   「ならぬ!今日という今日は、いつもの2倍の制裁をくだ~す」

ジャンプ  「ギャー おたすけー」

私   「観念せい!おりゃ~、こ~ちょこちょこちょこちょ~」

あまりの激しいお仕置きに、目は虚ろとなり陶酔状態に陥ったジャンプ。

明日の命をも知れぬ、ジェッター家のスパルタ教育であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

万年さんの釣行記!

9月12日 辨屋3号筏  釣果、 鯛5・カンパチ1・シマアジ4

本日またまた辨屋さん3号筏6名で余裕の状況だ(^_-)v
前回は大御所とご一緒いただいて緊張して9匹だった(・o・)
釣りでは10匹を越えると「ツ抜」けと言って一つのステータスになっている。要は今日は10匹釣った釣果は鯛5・カンパチ1・シマアジ4合計10匹(= ̄▽ ̄=)V
しかし、状況は最悪だった朝まずはいきなりシマアジ2匹ゲットその後1回目の放流まで打つ手無し
放流で鯛4匹ゲット全部針が飲み込まれていたどうも餌が落ちる間に食っていたようだ
今度は2回目の放流まで打つ手なし
放流後活きアジに青物が食いついたがスカその後活きアジを付けて放置1時間くらいたってカンパチが活きアジに食いついてゲット
帰り1時間前シラサを浅棚に竿の穂先がおかしいやけくそで合わせを入れたらシマアジが掛かっていた今度もシラサを付け置き竿していたら鯛ゲット
最後は普通にシマアジゲット
最初と最後だけでした(;^_^A

コメント・・・万年さん、ありがとう!

釣堀歴2年足らずの万年さん。辨屋さんの常連であり、太公望の常連でもある。

脈釣りを得意とし、その竿捌きは既にプロの域に達している。

何より、ブログのコメント欄に助けを求めた途端に釣行記を投稿してくれる心優しき青年?である。

24日の紀州でも、その腕前を遺憾なく発揮することだろう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

「釣堀が危ない!」

昨日のコメント欄より続く・・・

女性の悲鳴が海上に響き渡る!

そこで見た光景に思わず目を疑った。

悪人S・・・「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ、ジャ~ン(^^)vまずは、完全フカセで生きイワシをグルグル(^O^)誰か青物が掛かっても竿は上げない!追い食い狙いで近場に仕掛け投入!!祭ったら相手のせいにして…自分が掛けたら、だんまりで祭った日にゃ~罵声を浴びせ、浮きを飛ばしてラインクロスは当たり前田のクラッカー(古~)釣れている場所が有れば割り込んで…(`´)どないだ~(^^)vアハッ」

悪人Ⅰ・・・実は黒幕である。

「不埒な悪行三昧!これほどまでにやってはならぬ事を思いつくとは」

「ジェッタービーム!」( `◇´)ゞ*※*※*※*※*※*※撃退。

かくして、釣堀業界にも平和が戻り・・・カァット! こんな企画のDVDでは誰も買わへん。

>sasapuuさん、悪役での登場!まさに適役でした。(゜O゜)☆\(^^;)

>イケチャン、呼びました。(笑)

>万年さん、某HPで登場する○○○のイメージと万年さんがかぶったんでがんす。(゜O゜)☆\(^^;)

>160さん、 ご心配は無用です。バレテはいますが、ほとんど無視されています。 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

活きアジの錘負荷

釣堀での釣果アップの為、その指南を模索する過程において、多くの方が釣堀関連のDVDやVHSビデオを持っているのではないだろうか?

私も、ご多分に漏れず其々1本づつ所持している。

制作された年代には差がありそうなこの2本。共通するのは、活きアジの泳がせ釣りにおいて、小さな錘負荷しか掛けていない点である。

どちらも乗り合い筏ではありえない仕掛けや釣り方を紹介している。

単独釣行の折、3名ものこの釣り方の人たちと乗り合いになり、最初の内は足元で泳がせてネットに幾度も絡ませているのを呆れて観ていたが、途中から筏中央部に投げ込む様になり、乗り合いになった人の多くに迷惑をかけていた。

私はこうなると、黙っていられない性質である。この後の展開は・・・さておき、錘負荷は何号以上が妥当なのか?

私はアジの大きさにより、8号から10号の錘を使っている。

釣堀用として売っている活きアジであれば、これぐらいが妥当ではないだろうか?季節により大きめのアジしかない時は、尾びれを切れば良い。

8~10号の錘つきクッションシンカーに、ハリスは長くても50cm。

要は、活きアジが横方向へ広く泳がなければ良いのだ。そこで私のツールボックスにはもうひとつの活きアジ仕掛けが入れてある。

その仕掛けは・・・活きアジは横方向にはせいぜい50cm程しか泳げないが、縦方向には1メートル70センチも自由に泳げる仕掛けである。この仕掛けの効果には自信があるが、ひとつ弱点もある。自分では掬えない(笑)

単独釣行では隣の方とのコミュニケーションは欠かせない。朝、筏に上がったら「よろしくお願いしま~す」と一言声をかけよう!

ところで、もう少し模範となる様なDVDを作れないだろうか?スタッフは爆釣団でカメラマンにはもちろんあの御方。出演者は私と○○美ちゃんと○香ちゃんで模範演技。私が持つ竿の両ハンドルリールを、両側から二人で巻き巻きしちゃったりして・・・そう、そう、悪役のキャスティングは○○チャンと○○ぷうさんのコンビがいいな。(゜O゜)☆\(^^;) \(^^;)バキ!ボキ!

完全に脱線だ~ね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

昨日のお買い物

080916_191801 筏竿のミクロガイドに滑りが良く、

小型両軸リールに馴染みの良いフロロカーボンライン

そんなフロロに逢いたくて・・・これか?

「クセが付きにくく直進性にすぐれ、しかも、しなやかで食い込みが良く釣果があがる。」と書いてある。

欲しいものは、プライスレス!お買い物は妻のカードで・・・

ξ:D)| ̄|_ バレタ?

080916_191501 逸品の竿に引けをとらないこのリール

 この写真では判別できまい!

妻には、「しゃぁんぜん円ぐらい」とアホになって伝えてある。

釣りの世界はお金が掛かる。

お蔭様で、我が家の貯金もプライスレス!(泣)      次の釣行も特選カードで!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

勝手にリンク集

サイドバー編集完了。 

度々お邪魔していたHPを、勝手ながらリンク集にしてしまいました。ご容赦を!

でも、メールのやりとりだけで恋に落ちた男女なんて、以前は全く理解出来なかったが、最近ちょっぴり理解できる様になった。

heart02 キモイ sign02

冗談はさておき、今日の釣行は中止になったので、欲求不満である。したがって、小型両軸に馴染むフロロを求め、釣具店を豪遊することにした。

ついでに文具店にも行き、赤と黒の油性ペンを買ってこよう!

やっぱり、ストレス発散にはお買い物ね。heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ワンダフル!

080914_232802 おいらにプレゼントが届いた。(*^ω^*)

「セサミ」「かぼちゃ」「おから」「にぼし」

こ、これは、手作りのわんこクッキーだぁー

手書きのお手紙まで添えてある。(;ω;)ホロリ

「伏せ」だの「待て」だの言われても、鼻が勝手に動いちゃう!

「smileさんsign01ありがとうございますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

こだわりの逸品

仕事中、いつもなら車で通り過ぎる道を、ある事情でテクテクと歩いていると、途中、小さな釣具屋さんが目に入った。

20メートル程通り越しただろうか、無償に気になって逆戻りしてしまった。

お店の中では店主がコツコツと竿を作っている。そこは、手作り道具が並ぶ釣具屋さんだった。

手作りのたもやビクを見ながら竿の陳列棚へ・・・棚の片隅に置かれていた一本の竿に目が釘付けになった。「筏、ぼら竿」と表示されている。竿を手に取り、思わず店主に話しかけた・・・

私、「この竿、真鯛やシマアジなんかも大丈夫ですか?」店主、「大丈夫ですよ。」私、「たとえばハマチやワラサクラスの魚でも大丈夫ですか?」店主、「大丈夫ですよ。」

店主は温和な表情で、穏やかな口調で応えてくれた。

私、「買います」 (笑)

さすがに職場に竿を持ち帰る事は出来ないので、仕事帰りに立ち寄る約束をしてその場を後にした。

その店の閉店時間も過ぎ、かなり遅くなってしまったが、シャッターを半分開けて待っていてくれた。その後も店主との会話で楽しい時を過ごし、最後には穂先の色を私の好み通りに塗っていただき、その竿は私の逸品となった。

店主、「この竿が本当にお気に召した方に、買って頂けてよかったです。」

その後、この方面での仕事がなくなり、またお伺いしたいと思いつつも立ち寄れずにいる。

080913_220101080913_215902  ジャンプ!、写真を撮るから近づかないで

 「これはジャーキーじゃないんジャキー」

 「ガブッ!」

英二さんの釣具 http://eiji.ssi.ne.jp/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

釣行日和

今日は釣り日和sunあの人も、この人も、今頃は・・・う、うらめし     ちゃう  羨ましいsign03

でも、今日って金曜日だよね? 平日に行ける人って結構いるんだな~。

もしかして、有給で明日も明後日も休みとか・・・うらめしや~

おいらも行きたい! 行きたい! 行きたい! 活き鯛!ってオヤジギャグ しとる場合じゃない。

16日に決行じゃ!!って休めるかなぁ・・・ ところで釣れたの?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

脈釣り

釣堀でも、いわゆる初心者を卒業すると、脈釣りの方が増えてくるようだ。

私の場合は未だにメインはウキ釣りで、それも3号負荷のものを使っている。(*´v゚*)ゞ

筏中央の海面から、ウキがスーッと消える瞬間がたまらないのだ。happy01 

でも、持ち重りしない短竿で、魚が食いつくのをビッビッっと肌で感じるのもいいかもな~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

コメント募集

とりあえず立ち上げたが、誰も来ない。weep そりゃそーだわなsign01

訪問活動終了!って何の営業じゃcoldsweats01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ブログデビュー

Photo1_2  海上釣堀に嵌って2年と6ヶ月。今後の釣果記録の為、ハンドルネームジェッターがブログを始めました。fish (v^ー゜)ヤッタネ!!

でも、ちょっと照れくさい。 (*´v゚*)ゞ

上の写真は、私のホームグラウンド 尾鷲市九鬼にある海上釣堀 天海での釣果!  とにかく、お気に入りの釣堀である。

070814_084501 流星号

ジェッターの腕時計型通信機で呼べば、何処からでも駆けつける!

そんな車に私はなりたい。

 

過去の釣行記

 8月6日(水) 傳八にて    鯛11  イサキ2

 ピカッ ゴロゴロゴロ バリバリバリッ ドッスーン ヒィエ~

6日の未明、突如思いついた予約なしのD8釣行。道中では雨も多少ぱらついた程度だったが、
受付を済ませた途端に雷鳴轟き本格的な雨が降り出した。

事前の天気予報では今日は曇り。昨日の夕方にはこの地域で大雨が降った様だ。
雨で水温が下がり活性は上がる。先週ここで爆烈したと聞くツワモノに続く戦果を期待しての奇襲だった。

ピカッ ゴロゴロゴロ バリバリバリッ ドッスーン ヒィエ~
因みにヒィエ~は、隣のおっさんの台詞。
ハードボイルドな俺は、こんな時でもクールに一服。単独釣行の為、倉庫の壁に凭れかかりタバコを燻らせながら
ひとり呟く。「今日は命がけか~」

本当に命がけになろうとは、この時はまだ知る由もない。

急遽思い立った奇襲(釣行)の為、頼りの持参弾(エサ)はなく、おまけに財布の中には一葉が1枚と特選券。
燃料代を差し引くと、自分の食料と弾に掛けられる額は二千円程度か・・・でも、ハードボイルドな俺には関係ない。

さすがに猛暑のこの時期、平日とは言え兵は15名程度だが、ヒィエ~を連発していたおっさん以外は常連の
ツワモノ揃いだ。

筏に上がった頃には雨もあがり、予定通りの曇り空だ。武器は
飛竜改一本!弾はBネリックスにソーダKATUO、現地調達のikiajiが5発のみ。
非常食は稲荷3個パックと490mlの氷結水が2本。無謀か・・・いや、天気が曇りならこれでいける。

MSはBネリックスの連射で鯛3にイサキ1を仕留めた。

1回目の爆撃(放流)が始まった。ikiajiは5発しかない!次の爆撃に備えよう。
Bネリックスの連射とKATUOの切り身で鯛4を追加。

いつのまにか天気は回復し、いつもの暑さが・・・気付くのが遅かった・・・敵は太陽だった。飲料水は既に残り僅か・・・
おまけに弾は選択ミス。ネリックスは釣れなくともバラケて消える構造だ。

僅かな飲料水を飲み干し、2回目の爆撃に備える。
投下、5名の小筏には充分な量が注ぎ込まれた。ikiaji攻撃開始!直に反応が出た。
7号ハリスで一揆に仕留めるつもりだった。しかし、これが災いした。タモ入れ直前、カンパチの最後の反撃に遭い
、痛恨のハリス切れとなる。

静かになった戦場にも、太陽光は容赦なく照りつける。

弾も残り僅か。新しいネリックスに付け替えるべく仕掛けを巻き上げていると、小さくなった玉が見えてきたところで、
青物が下から咥えて反転した。
3号ハリスの事情を辺りに伝えながら、突撃コール。しばらくの格闘の末、見えてきたのはヒラマサ!空気を吸わせ
確信したところで、スカリの下へ突っ込んだ。ヤバイ!操作ミスによる当然のハリス切れだった。

空虚と乾きの中、意識が朦朧として来た。軽い熱中症か?これでは戦えない! ikiajiを付けたままテント下で待機。
30分程の休息後(時刻は12時)、隣の貸切筏がざわつき始める。どうやら早期に撤退する模様だ。
残り玉はajiが2発にひからびたKATUOしかない。便乗を考えていたところに、三分の一程になった生ミック弾を海に
捨てようとする人の姿が・・・その弾を俺にくれ!

戦線復帰!戦場は早期撤退した隣の筏へと移り、生ミック弾を海中7Mに打ち込む。
残り1時間余りで鯛4、イサキ1を仕留め戦場を後にした。

途中、離れの大筏に立ち寄り兵を引き揚げていたが、この戦地では40匹程を仕留めた、常連のツワモノがいた。
この筏にいたヒィエ~のおっさんも20匹を超える戦果だった。

船着場から陸に上がる頃、1台の救急車が走りすぎていった。
一歩間違えれば、俺もあれで帰還を余儀なくされていたかもしれない。

夏の戦場に必要なのは、スタミナと飲料水だった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年10月 »