« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

ビビビ

Fureleo270mp01 この電動リールに出会って、ビビビと電気が走った。

いつか手に入れたいが、いつになることやら・・・

ダイワ レオブリッツ 270MM

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

漫画新聞

左サイドバーに、漫画新聞を貼り付けました。

興味がある記事のタイトルページをクリックすると、漫画で解説してくれます。

※ 時々消えます。(^-^;?

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月27日 (火)

ポカ~ン

ふと気が付けば、中4日もブログの更新をサボってしまった。

その割には、ほぼ毎日見に来ていただける暇な・・・・ 間違えた・・ 奇特な方々がいらっしゃるので、釣りネタ以外でも、何かしら日々の出来事で更新したいところではある。

しかし、毎日ネタになるような出来事も特になく・・・

毎週、釣りに出掛けるほど“釣り好き”でもなく・・・

毎日、食べたいと思うほど“魚好き”でもないのだ。

正直、○○真鯛を美味しく頂けなくなった昨今、釣堀通いも如何なものか?

なんてことを、ポカ~ンと考えている。

でも、あしたは天気が良さそうだなぁ~ なんてことを 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

D8-12(後)

そんな事で、調子よくMSの恩恵に授かり、鯛2枚を追加した。

K村さんは昨日B屋さんでヒラマサを4本あげたらしく、今日は青物を狙わないとの事。

では狙い目はやっぱり青物と、生簀に今日一番の活きアジを投入する。

ほどなくして、棚8メートルでブリスペの穂先が暴れだした。

穂先が海面に突っ込むのを確認し、「青で~す」と宣言したものの、いかにも重~い魚があがったきた。

それは、成長したハタマスであった。good とっても嬉しかったが、そこはポーカーフェイスでやり過ごした。(゚ー゚) 何故って、釣りは賭け事に共通する所がある。ここでハシャイデはいけないのだ!?何というか、運が逃げる気がする・・・から?

とにかく、高級魚のハタマスが釣れた。この上に、先程から生簀を見え隠れしながら回遊しているヒラメが釣れたら言う事なしだが・・・

師匠やTAKEちゃんはタモでそのヒラメを掬おうとしている。どうか、易々と掬われませんように (-m-)”

そういえば、そんな中・・・ K村さんは筏の角を何やらタモで掬っていた。

K村さんのタモから筏の隅に出された物は、何と筏に浮かんでいた木屑などのゴミだった。

ん~、これこそ侍JECKERSが目指す姿である。

そしてマッキーさんは、最初に決めた場所で微動だにせず、“えびだんごの素”で魚を寄せて、寡黙に釣果を稼いでいる。

ん~、これも侍JECKERSが目指す姿勢である。

しかし、近い将来に目指す姿なので、この日は筏の対面まで出稼ぎに出て、鯛2枚を追加した私であった。(爆)

091020_083501_2

場所は時計廻りで

船着場の一辺に、師匠とマッキーさん

その右隣りに、sasapuuさんと私

091020_083502_2 テント側の一辺にTAKEちゃん

私の対面にK村さん

相変わらず東西南北は不明

残りの鯛はボケと団子で棚7~8メートル、シマアジは団子で7メートル、カンパチは何故か棚5メートルの活きアジに来た。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

ハタマス鍋

091021_183701 定番の鍋

091021_183301 刺身&しゃぶしゃぶ

091021_191101 〆は

雑炊

でした。

。。。。

文句なし!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

D8-12(前)

10月20日(水) 傳八屋の12号筏には、私と侍JECKERSの強者4名、そして他1名が集結した。

チャンプのK村さん、新たにメンバーに加わったマッキーさん、私の師匠S谷さん、正会員のsasapuuさん、そして破門になっていたTAKEちゃんだ。

破門の理由は釣REKKIESの掲示板で、奴らに媚びを売った事にあるが、今回の働き(釣れる筏の確保)で破門を取り消す事にした。

「あっぱれ!」

さて、前日の予報では晴れだったように思うが、侍の怨念が雲を呼び風を吹かせた1日となり、sasapuuさんまでもが「寒さが骨身に凍みる」とぼやいていた。

とりあえず、いつもの棒ウキ3号で釣りを開始する。

まずは、マッキーさんに「魚かしの餌」の正しい使い方を伝授すべく、キビナゴQでスタートした。

キビナゴに黒伊勢尼11号を目通しで掛け、ハリスは余裕の5号にしてある。

そして、筏中央(棚8,5メートル)にすばやく落とし込む!(オモリが3,5号なので) 但し、ハリスが1,5メートルあるので、棚5,5メートルから8,5メートルまでは餌の重みでゆっくりと沈む“ゼロ釣法”となるのだ。(笑)

直にチョンとウキが反応したかと思うと、徐に海中に沈んでいく・・・

あ、あ、あお・・・ 「赤でーす」 

そう!キビナゴQは、青の活性が悪いときは、赤が喰ってくるのだ・・・(汗)

だから、朝一のキビナゴQは一匹掛けが良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月20日 (火)

12号筏

thunder流星号発進thunder

竹ちゃんのお陰で、そこそこ釣れる筏に入れた。

師匠も13匹だったし~

今日御一緒だった皆様、ありがとうございました。

091020_144801 鯛7、シマアジ1、カンパチ1、

ハタマス1 計10

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月19日 (月)

あしたの釣行11

前回釣堀に行ったのが8月16日だったので、まるっと 2ヶ月もご無沙汰であった。

気が付けば2ヶ月間というこの感じ・・・

もしかして、飽きてきたのだろうか・・・(汗)

あしたの釣果は、ツ抜けで十分満足出来そうだ!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

COMROW

フラさんはフラダンサーで、ワシも昔はデェスコでフィーバーしたくちなので、娘がこうなったのも頷ける。

091017_213901 娘の趣味はヒップホップsign03

髪型も、こんなんになっちゃいました~

コーンロウと言うらしいが・・・  何とも寛大な学校ではある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月16日 (金)

2歳

071108_200401 月日が経つのは早いな~

ジャンプは2歳になりました。

この写真はジャンプのママ。

名前はリーフです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

ヤエン竿

091013_070101 結局、買ってしまった3、680円のヤエン竿。 泳がせアオリ2号-42(プロマリン)

というか、帰宅途中にある釣具屋(F遊)で、一週間前に既に頼んであったのだが・・・(汗)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

冷や汗

工事で片側一車線通行となり、

ノロノロ運転の高速道路。

こんな時に限って

キュ、グルグルグル~

と、お腹の具合がよろしくない。

「パーキングエリアはまだか・・・」(汗)

いつもに増して冷や汗がでる。

何故って・・・

目の前を走る

トラックの荷台には

こんな時に限って

・・・ (@Д@;

091006_134801_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

難しい問題

年頃の娘はプロポーションも気になるのだろう。

数学でも「体型の問題」に取り組んでいる様だ。

091009_071401

理想の体型は、体脂肪率によって割り出されるのか?・・・・   ん?    

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月 7日 (水)

ヤエン入門

ヤエン釣りの指南ではなく、体験しましたぁ~ ちゅうことです。

091006_163401 先週出会ったヤエン名人のアドバイスに基づき、一通りのヤエングッズは揃えたので、名人もお気に入りのアオリスポット?に再度行って来ました。

091007_064201 えっ、竿ですか?この柄に見覚えがありますね。

活きアジを使うならこれです!

そう、ブリスペシャルです。(爆)

このしなやかな穂先は、ヤエンでも使える竿だったんですね。

釣りを開始したのは昨日の5時半頃だったでしょうか?アジを投げ込むと、いきなり反応がありました。ゆっくりアジを食わした後に、ドラグを鳴らしながら慎重に寄せて来ます。

そしてヤエン投入!2度ほど引き込みがあったのですが、すぐに軽くなってしまいました。(泣)

む、む、難しい・・・

ヤエンをミチイトにかけるのにも手惑いました。

再度投げ込むと、またすぐに引き込みます。今度こそ!

ヤエンを掛けるまでもなく、フッと軽くなりました。(@Д@;

そして辺りは暗くなり、アタリも途絶えてしまいました・・・

隣でエギングで順調に釣果を伸ばす御方がみえました。エギング歴10年のエギング名人です。

3号のエギを華麗に50メートル以上飛ばし、4杯、5杯と数を稼ぎます。

同じ場所で、エギング中にヤエン名人と出会い、ヤエン中にエギング名人に出会った。(ウルルン風)

エギング名人曰く、小さなエギは小さなアオリを誘うので、アオリ釣りの未来の為に、3号以上を使っているらしい。3号のエギを出来るだけ遠くに飛ばし、3号エギを抱く大物を沖から寄せている様である。

091006_215901_2 夜の10時ごろだったか、跳ね上げ仕掛けの電気ウキが海中に入った。

飛竜をしならせあがってきたのは、300g程のアオリだった。

ふぅー、これでブログに写真が載せられる。一安心で仮眠をとり、朝に備えた。

仮眠後に用意した竿はブリスペシャルのみ。

いなり寿司で空腹を満たし、イメージトレーニングを繰り返す。

シャキーン、シュルシュルシュル、グサッ!それが功を奏したか・・・

091007_080701 明方にかけて、着実に釣果を伸ばしたのであった。

釣果アオリ6杯。(目安はポケットティッシュ)

(写真はエギング名人に頂いたアオリ4杯含む。)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

メーロー

迫り来る台風18号の名前である。

んん~勢力は猛烈で、予想進路は伊勢湾台風のコースとか・・・

でも、thunder流星号発進thunder

フラさんは言う・・・「行くのはヤメーロー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ヤエンリール

00021 ヤエンアイテムを手の届く範囲で揃えていくと、まずはリールはこれになった。(過去形)

シマノ エアノスXTL 2500

3千円代のお値打ち品と迷ったが、ドラグ性能で比較すると、歴然の違いがあった。

こんな調子でヤエン竿も欲しくなっちゃったりして・・・ 

これは、実は“釣り”という名の悪魔の仕業なのだ。

うわぁ~、リールにはいつの間にやらフロロカーボンのラインまで巻かれているではないか!悪魔の仕業、恐るべし・・・!?

さてはて、フラさんには理解出来るのだろうかぁ~

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

ヤエン

越前には、アオリ狙いでエギを持って行った。

旅館へ向う途中の道沿いに、絶好のアオリポイントを発見。駐車場にはキレイなトイレまで完備している。

どうもダイビングの為に誂えた設備の様だ。

さっそく家族をほったらかして(エギをセットして)様子を見に行く。

平日だというのに、ヤエン釣りが3名に、エギングが私を含めて5名いた。

右隣のエギンガーに尋ねると、朝からコロッケサイズを3杯とのこと・・・

左隣のヤエンジャーに尋ねると、朝からステーキサイズを10杯とのこと・・・

エギンガー曰く、エギは2号までの小さめでないと、アオリが逃げていく様で、しかも小さめのエギについて来るのは小さめのアオリイカの様である。

私のコレクションは最小のエギでも2,5号だったので、諦め半分でのキャスティングになった。

エギを投げながら、しばらくヤエン釣法の観察をさせて頂くと、時合なのか活きアジを投げ込んだ途端に、抱いてくる様子である。

アジを食わせるやり取りを5分ほど続けた後、徐にヤエンを滑らせる。

そのとき私の頭の中では、必殺仕掛人のトランペットの音色が聴こえていた。

竿を立て、ヤエンが掛かったのを確信したのか、ゆっくりとアオリ用リールをまきあげる。

ヤエンの先には胴だけで20cm程のアオリがついている。

そんなサイズでも、竿のしなりから察するになかなかの“いいヒキ”である。

そんな緊張感溢れるヤエン釣りの一部始終を見てしまい、思わずヤエン歴10年のベテラン釣師に、聞ける限りのノウハウを教わった。

091001_003101 最後に手作りのヤエンまで譲り受けたからには・・・

頭の中で、またトランペットが鳴りだした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »