釣堀虎の巻

2009年9月23日 (水)

ライン

私は、ほとんどの道糸にPEを使っています。

理由はガツンとアワセを入れれるし、いざ青物が掛かっても丈夫で安心だから・・・

でも、トラブルも多い。最も多いのは穂先への絡みである。特にアゲインストの時は幾度となく絡みつき、これが原因で繊細な穂先を折ってしまったことも数回ある。

なので、繊細な穂先での脈釣りは、ナイロンを使ってみようかと思う。

しかし、どこのメーカーの何の何号を使えばいいのか?さっ~ぱり分かりませぬ~

例えば、釣堀用のナイロンだと、釣具屋では4号~8号を売っているが、鯛狙いの5号(ナイロンライン)に青物が掛かっても大丈夫なの?

おしえて~ ください~ ♪ (さだまさし風)    

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

脈釣り

相変わらず海上釣堀においてはウキ釣りメインの私だが、一度ウキなしで一日を過ごすとどうなるのか?を試してみたくもある。

しかし、一日中穂先を見ているなんて、集中力のない私には辛そうな作業である。

もしかして脈釣りが好きな人は、穂先をじっと見ているのが辛いから、ときどき手持ちスタイルになったりするのだろうか?

何にせよ、脈釣りをズボラなズボ釣りと例えるのはおかしな話だ。よっぽどウキ釣りの方がズボラに思える。

さて問題は、脈釣りの場合はどこであわせを入れたらいいのか?なのだが、手持ちで魚信が伝わった場合は、慌てて早あわせしそうであるし、置き竿にしていた場合は、逆に見過ぎてタイミングを逃しそうである。

それに、“送り込む”とは何ぞや・・・飲ませて釣るということか?

一度、脈釣り(置き竿)メインの「のほほん名人」を観察していたが・・・

穂先ピクピク(魚信)で竿を持つ→次の動作は、穂先が入って“送り込む”のではなく、更に穂先を上げて針ががりを確信した後に、あわせを入れていたように見えた。

後者を“聞く”とするならば、果たして脈釣りの極意は“送り込む”のか?“聞く”のか?それが問題だぁ~。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

エサ・エサ・エサ

真珠湾攻撃ならぬ五ヶ所湾攻撃!

あなたは明日、五ヶ所湾に浮かぶ(何の情報もない) 初めての釣堀へ奇襲をかけます。

但し、小物用に3種、青物用に3種のエサしか持参出来ません。

さて、この奇襲ニ成功セル為、あなたなら6種のエサに何を選びますか?

私なら、小物用には 着色甘えび、シラサ、生ミック。

青物用には 活きアジ、ソーダガツオ、キビナゴQ。

と、迷った挙句の答えである。(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

ハリスの色と号数

釣具店で売られているハリスの多くは無色透明だが、水中で消えるの宣伝文句でブラウン、ピンクも売られているし、松田トルネードだったかブラックのハリスまである。

さてはて、無色、ブラウン、ピンク、ブラック、使うハリスの色によって、果たして釣果に差はでるのだろうか?

魚には側線という感覚器官があり、体でハリスの存在を認識する感もある。となると、ハリスの色よりも号数に敏感ということになるのだが・・・とはいえ、釣堀で小物狙いで使うハリスは細すぎてもやり取りに時間がかかり、同筏の人たちに迷惑をかける。

釣堀での小物狙い:いつも釣果の多いあの方は、何色の何号を主に使っているのか?

私はワゴンセールでブラウンの3,5号を大量に買った為、必然的にこのハリスを多く使用しています。(^-^;

因みにsasapuuさんは?色の5号、万年さんは?色の2,5号・・・かな?

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

金、銀、銅(黒)

針の色にも色々あるが、いったい何色がいいのだろう。

私が主に使用する針は、鯛ねらいで黒の伊勢尼11号、青物ねらいで黒のカン付伊勢尼12号である。

さて、「釣堀のすれた魚には黒い針」と言う人もいれば、「金色の目立つ針の方が食いがいい」また「鯛狙いには赤い針」と意見はそれぞれ。

ところで、魚の目は色の見分けがつくのだろうか?

グラデーションの見分けぐらいはわかるとしても、何色の針でも結局は変わらない様な気もするのだが・・・。

| | コメント (13) | トラックバック (0)