タックル

2009年10月13日 (火)

ヤエン竿

091013_070101 結局、買ってしまった3、680円のヤエン竿。 泳がせアオリ2号-42(プロマリン)

というか、帰宅途中にある釣具屋(F遊)で、一週間前に既に頼んであったのだが・・・(汗)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

ヤエンリール

00021 ヤエンアイテムを手の届く範囲で揃えていくと、まずはリールはこれになった。(過去形)

シマノ エアノスXTL 2500

3千円代のお値打ち品と迷ったが、ドラグ性能で比較すると、歴然の違いがあった。

こんな調子でヤエン竿も欲しくなっちゃったりして・・・ 

これは、実は“釣り”という名の悪魔の仕業なのだ。

うわぁ~、リールにはいつの間にやらフロロカーボンのラインまで巻かれているではないか!悪魔の仕業、恐るべし・・・!?

さてはて、フラさんには理解出来るのだろうかぁ~

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

マイタックル2

リール編

080930_153101 リールも竿と同数。

スピニングが5個、両軸が5個。

この竿にこのリールと選んでいった結果である。

逸品竿にスコーピオンMg   ブリスペシャルにDAIWAラシード  ハイパースペックにDAIWAスマックレッドチューン  飛竜にSHIMANO、NAVIc3000  せとうちにリョービ、ザウバー3000  シーパラに棚とるデミ  小船にDAIWA、200Ci早技  APERTOにDAIWA、Cy3500  ECO CLUBにTo-mark3000(セット購入)  EG762にSHIMANO、NASCI2000

この組み合わせで買ったつもりだが、実際の組み合わせは気分次第。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

マイタックル

ロッド編

2年と3ヶ月前までは、我が家に釣り道具は何一つなかった。

最初の釣行は、師匠からの借り物ロッドを使用。今は海底で眠るその竿は、シルバーのGAN,GANと書かれた竿だった。

月日は流れ、改めて持ち竿を数えたら・・・いつのまにかツ抜けしていた。

080930_153701

1番右の袋入りは以前に紹介した逸品竿。

その隣から、ECO CLUB 海上釣堀300

DIA FLUSH 小船 30/270P(妻の父からの貰い物、大山沖の船釣りに2回ほど使用)

SHIMANO APERTO ISO XT 3-425(大筏用)  がまかつ、ハイパースペック350  DAIWA、飛竜Ⅴ3-36M  DAIWA、小継せとうち3-30  DAIWA、シーパラダイスさぐりづり3-330  Squid Saber EG762(エギング用) がまかつ、ブリスペシャル400。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

こだわりの逸品

仕事中、いつもなら車で通り過ぎる道を、ある事情でテクテクと歩いていると、途中、小さな釣具屋さんが目に入った。

20メートル程通り越しただろうか、無償に気になって逆戻りしてしまった。

お店の中では店主がコツコツと竿を作っている。そこは、手作り道具が並ぶ釣具屋さんだった。

手作りのたもやビクを見ながら竿の陳列棚へ・・・棚の片隅に置かれていた一本の竿に目が釘付けになった。「筏、ぼら竿」と表示されている。竿を手に取り、思わず店主に話しかけた・・・

私、「この竿、真鯛やシマアジなんかも大丈夫ですか?」店主、「大丈夫ですよ。」私、「たとえばハマチやワラサクラスの魚でも大丈夫ですか?」店主、「大丈夫ですよ。」

店主は温和な表情で、穏やかな口調で応えてくれた。

私、「買います」 (笑)

さすがに職場に竿を持ち帰る事は出来ないので、仕事帰りに立ち寄る約束をしてその場を後にした。

その店の閉店時間も過ぎ、かなり遅くなってしまったが、シャッターを半分開けて待っていてくれた。その後も店主との会話で楽しい時を過ごし、最後には穂先の色を私の好み通りに塗っていただき、その竿は私の逸品となった。

店主、「この竿が本当にお気に召した方に、買って頂けてよかったです。」

その後、この方面での仕事がなくなり、またお伺いしたいと思いつつも立ち寄れずにいる。

080913_220101080913_215902  ジャンプ!、写真を撮るから近づかないで

 「これはジャーキーじゃないんジャキー」

 「ガブッ!」

英二さんの釣具 http://eiji.ssi.ne.jp/

| | コメント (8) | トラックバック (0)